バンライフを快適にするおすすめ便利アイテム20選【DIY・ハイエース車中泊に】

バンライフを快適にするおすすめ便利アイテム20選【DIY・ハイエース車中泊に】ハイエース

 

折角ハイエースを買ったからにはDIYでカスタムしたいよね。おすすめの便利アイテムを教えてほしいな。

 

どうも、ichi(@ichi_14blog)です。

 

商用ベースなクルマながらファミリーカーとしても大変楽しいハイエース。

 

ファミリーワゴンでは得られない広大な積荷スペースを利用でき、車中泊やキャンプシーンに大活躍。そのままでも充分に楽しいけど、そこはハイエース。

 

折角のカスタムベース車なので、快適な自分だけのハイエースを作ってみたいところです。

 

この記事では、私が購入して良かったアイテムやこれから欲しい注目アイテムを紹介します!

 

ここにタイトルを入力します
  • ハイエースDIYにおすすめの便利アイテム

 

スポンサーリンク

ハイエースの普段使いを快適にする便利グッズ9選【簡単DIY】

ハイエースバンライフ大見出し1

まずはハイエースを普段使いする際に便利な快適グッズを紹介します。数百円から数千円で購入できるものがほとんどです。

 

まずは簡単なものから導入してカスタムライフを満喫しましょう。

 

ドリンクホルダー

ハイエースにも純正でドリンクホルダーが付随していますが正直使いにくいです。

 

更にホルダーはドリンクの底の部分を下に押し出すのですが、妙に硬くひっかかることもしばしば。

 

カーメイトさんのドリンクホルダーは、センターコンソールに付随する小テーブルの上に両面テープで固定するだけと大変簡単です。

 

サードパーティ製は、金額も3,000円ちょいととてもリーズナブルです。

 

▶︎カーメイト 車用 ドリンクホルダー コンソールテーブル ハイエース用

 

ただし少し安っぽい部分はありますので、質感を求める方はこちら☟

 

▶︎TOYOTA(トヨタ) H200系ハイエース専用 ドリンクホルダー ブラック

 

いずれの商品も純正のドリンクホルダーより使い勝手が良いです。

 

アームレスト

ハイエースはノーマルだとアームレストがなく運転中に肘が置けないのが辛いです。

 

しかし純正簡易アームレストは11,800円と結構な値段で、なんだか見た目ショボい。

 

アームレストについてもードパーティから良い製品がたくさん出ていて値段も半額以下で手に入れることが可能です。

 

▶︎シーエー産商 ハイエース専用 アームレスト

 

こちらもちょっと質感重視したものもあります。

 

▶︎ハイエース 200系 レザー アームレスト 1型2型3型前期後期4型 S-GL 標準 ナロー 肘掛け

 

電源ユニット

200系のハイエースの純正灰皿をはずしソケットにプラグを差込、貼付けるだけで簡単に取付けが可能なアイテム。

 

シガーソケットを2つ、USBポートを2口に増設することが可能なので、スマートフォンやタブレットの充電にも重宝します。

 

▶︎カーメイト 車用 電源ユニット 増設 ハイエース(H200系)専用 プレミアム

 

スライドドア小窓用サンシェード

ハイエース200系のスライドドアの小窓については網戸が付いておらず、車中泊等で換気する際には何かと不便です。

 

そこでハイエースでサンシェードを網戸として利用することで夏場も快適性がアップ!

 

誰でも簡単に取り付け可能なので車中泊をする方にはオススメです。

 

▶︎ハイエース スーパーGL 標準ボディ [H16.8-] 防虫ネット リアゲート用 網戸

 

取り付けした際の購入レビューの記事はコチラ☟

▶ハイエースの小窓に網戸装着で快適車中泊♪【ハイエース200系スライドドアに

 

スマホホルダー

スマートフォンホルダーはハイエースに限らず必須アイテムです。

このホルダーの良いところは、スマートフォンのサイズを気にせずに使える点です。

スマホホルダーイメージ
スマホホルダー対応サイズ
(出典:楽天

 

巷にはホールド部分を上下で挟むバネ状のものもありますが、最近のスマホはサイズが大きくカバーを付けると挟み切れないものもしばしば。

 

その点この「EasyOneTouch3」は、写真のように左右からガチっと挟むタイプなので大概のスマホはカバー付きでもしっかりホールドできます。

 

楽天やアマゾンでも圧倒的な人気を誇る商品です。

 

少し高くなりますが、充電もできるモデルもあります。

 

▶SmartTap オートホールド式 車載ホルダー EasyOneTouch3

 

エアコンフィルター

なんとハイエースは純正状態ではエアコンフィルター付属していません。まさかのトヨタさん、なんでなんでしょう・・・。

 

そのままだとチリや埃、花粉などが入りたい放題なので、室内をクリーンに保つためにはエアコンフィルターが必須です。

 

これも社外品で2,000円以下で購入できちゃいます。

 

▶︎トヨタ ハイエース 専用(200系) エムリット フィルター (MLITFILTER)

 

取り付け方法は、グローブボックス(助手席の前)をはずすだけです。

 

はずすとフィルターの網だけが存在するのが見えるので、購入したフィルターを差し込みセット完了。

 

取り付け作業はわずか5分程で可能です。

 

天井収納用サイドバー

少し値段が張りますが、サイドバーがあるとハンガーをかけたりインテリアバーを組み合わせることでスペースを有効活用が可能なサイドバーです。

 

サーフボードやスノーボードの板などの長尺物の収納が格段にラクになります。

 

また車中泊をする方には衣類やLEDライトを掛けたりするのにも非常に便利です。

収納用サイドバー
(出典:AMAZON

 

アシストグリップに取り付ける方式の安価なものもありますが、専用設計されているこちらの商品の方が長く使用する上で安心・安全かなと思います。

 

▶︎200系ハイエースSGL サイドバー&スライドバーセット 車内キャリア

 

ドアノブアンダーカバー

ドアの開閉時にドアノブの下をひっかいてしまうこと、皆さん経験があると思います。

 

ドアノブの周りをカバーで覆うことにより細かいひっかき傷がつくのを防ぐことができます。

 

また見た目的にもアクセントになりカッコいいです。

 

▶︎ハイエース ドアノブアンダーカバー  200系 2 型 3型 4型 車体プロテクター  ひっかき傷防止6枚セット

 

ラバーマット

バケットマットというものです。

 

お子さんがいらっしゃるご家庭などは、室内の汚れを防ぐためにはマストアイテム。

 

値段もお手頃なので導入しやすいですね。フロント用とリア用があります。

 

▶︎ボンフォーム カーマット 3Dプライム 前席用

 

▶︎ボンフォーム カーマット 3Dプライム リヤ用

 

オートバックスが独自で展開しているアウトドアブランド「JKM」にはおしゃれなバケットマットがあります。

 

アマゾンや楽天では購入できませんが、オートバックスの公式ページから購入可能です。

 

コメント