バンライフを快適にする便利アイテム20選【DIY・ハイエース車中泊に】

バンライフを快適にする便利アイテム20選

折角ハイエースを買ったからにはDIYでカスタムしたいよね。おすすめの便利アイテムを教えてほしいな。

どうも、ichi(@ichi_14blog)です。

商用ベースなクルマながらファミリーカーとしても人気のハイエース。

ミニバンでは得られない広いスペースで車中泊やキャンプに大活躍のハイエース。

そのままでも充分に楽しいですがせっかくなら自分だけのハイエースを作ってみたいところですよね。

でもカスタムパーツ、多すぎ問題ありますよね。笑

そこでこの記事では私が購入して良かったアイテムやこれから欲しい注目アイテムを紹介します!

目次

ハイエースを快適にする便利グッズ9選【簡単DIY】

ハイエースを快適にする便利グッズ9選【簡単DIY】

まずはハイエースを普段使いするのに便利な快適グッズを紹介します。

紹介するものは数百円から数千円で購入できるものがほとんど。

取り付けが簡単なものから導入して、カスタム気分を味わいましょう。

ドリンクホルダー

ハイエースにも純正ドリンクホルダーがありますが正直使いにくいです。

ドリンクの底の部分を下に押し出すのですが、妙に硬くてひっかかるんだよね。。

カーメイトさんのドリンクホルダーは、センターコンソールの小テーブルの上に両面テープで固定するだけとめちゃめちゃ簡単に取り付けできます。

サードパーティなので金額も3,000円ちょいととてもリーズナブルです。

ただし少し安っぽい部分はありますので、質感を求める方はこちら☟

いずれも純正のドリンクホルダーより圧倒的に使い勝手が良いです。

アームレスト

ハイエースはノーマルだとアームレストがなく運転中に肘が置けないのが辛いところ。

純正の簡易アームレストも良いのですが、価格が11,800円と見た目の割になんだかショボいです。

なのでここはサードパーティ製のものをオススメします。

純正の半額以下の価格で買えちゃいます。

さらに質感重視したものが良い人はこちら。

電源ユニット

純正灰皿をはずしてソケットにプラグを差込、貼付けるだけで取付けできる電源ユニットです。

シガーソケットを2つ、USBポートを2口に増設できます。

スマートフォンやタブレットの充電にも重宝するね!

スライドドア小窓用サンシェード

ハイエース200系のスライドドアの小窓には網戸がなく、車中泊等での換気には何かと不便です。

そこでハイエースでサンシェードを網戸として利用すると夏場も快適性がアップ!

取り付けも超絶簡単なので車中泊をする人は絶対勝った方がいいよ。

実際に取り付けした様子が知りたい方はコチラ☟

スマホホルダー

スマートフォンホルダーはハイエースに限らず必須アイテム。

このホルダーの良いところは、スマートフォンのサイズを気にせずに使える点。

他の商品ではホールド部分を上下でバネで挟む仕様のものもありますが、最近のスマホはサイズが大きくカバーを付けると挟み切れないものもしばしば。

しかしこの「EasyOneTouch3」は、左右からガチっと挟むタイプなので大概のスマホはカバー付きでもしっかりホールドできます。

スマホホルダー取り付けイメージ
楽天
スマホホルダー正面
楽天

楽天やアマゾンでも圧倒的な人気の商品だね。

少し高くなりますが、充電もできるモデルもあります。

エアコンフィルター

なんとハイエースは純正ではエアコンフィルターが付属していません。

トヨタさん、エアコンフィルターぐらいは標準装備にしてほしいです。笑

そのままだとチリや埃、花粉などが入りたい放題なので、室内をクリーンに保つためにはエアコンフィルターが必須。

これも社外品で2,000円以下で購入できちゃいます。

取り付け方法はグローブボックス(助手席の前)をはずすとフィルターの網だけが見えるので、購入したフィルターを差し込むだけでセット完了。

取り付け作業にかかる時間は5分〜10分程度です。

簡単に取付できますが、実際の取り付け方法も記事にしています。

天井収納用サイドバー

サイドバーがあるとハンガーをかけたりインテリアバーを組み合わせて天井の空間を活用できます。

少し値段が張りますが、サーフボードやスノーボードの板などの長尺物の収納が格段に楽になります。

サイドバー取り付け例
AMAZON

衣類やLEDライトを掛けたりするのにもめちゃめちゃ便利。

アシストグリップに取り付ける方式の安価なものもありますが、専用設計の商品の方がで安心・安全で長く使えるのでおすすめです。

ドアノブアンダーカバー

ドアを開ける時に、ドアノブの下を爪で引っ掻いてしまうこと、経験があると思います。

女性は特に引っかかってマニキュアが付いたりするので、ドアノブアンダーカバーを付けることで、細かいひっかき傷がつくのを防ぐことができます。

見た目的にもアクセントになりカッコいいです。

ラバーマット

バケットマットというものです。

お子さんがいる家庭では車内の汚れを防ぐのにマストアイテムです。

リアシートの足回りは子供が凄く汚しがち。これがあるとかなり汚れを防げるしそんなに高くないから我が家も重宝しまくりです。

バケットマットにはフロント用とリア用があります。

オートバックスが独自で展開しているカーライフブランド「JACK&MARIE(ジャック&マリー)」にはおしゃれなバケットマットがあるので、気になる方はこちらの記事もチェックしてみてください。

1 2 3
バンライフを快適にする便利アイテム20選

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる