カーライフブランド「JACK &MARIE(ジャック&マリー)」でハイエースをアウトドア&サーフスタイルに!おすすめ5選

話題のカーライフブランド「JACK &MARIE(ジャック&マリー)」ってどうなの?

こんにちは!ichi(@ichi_14blog)です。

オートバックスのオリジナルカーライフブランド、「JACK &MARIE(ジャック&マリー)」。

安価な値段でハイエースを簡単にアウトドア&サーフスタイルに変えることができる今注目のブランドです。

今回は私が購入した「JACK &MARIE(ジャック&マリー)」のオススメ5つのアイテムを紹介します。

この記事を読むとわかること
  • 「JACK &MARIE」について
  • 「JACK &MARIE」のオススメアイテム
  • 姉妹ブランド「GORDON MILLER」の紹介
目次

「JACK &MARIE(ジャック&マリー)」とはどんなブランド?

「JACK &MARIE(ジャック&マリー)」とはどんなブランド?
JKM

「JACK &MARIE(ジャック&マリー)」は、オートバックスがクルマを通しておしゃれ&機能美を追求するライフスタイルを提案するブランドで、今アウトドア好きな人達の間で話題となっています。

アイテムはおしゃれかつ機能美を追求し、ネイビーやグレー、カーキを中心とした色使いがカッコよくクルマでの外出が楽しくなるアイテムが数多くラインナップされています。

シンプルなデザインが多く、年代を問わず使えるアイテムが嬉しい!

「JKM」アイテムの実物が見れるのは、全国に数店舗ある直営店かオートバックスの店舗(取り扱いのない店舗もあり)になります。気になったら近くのオートバックスに足を運ぶのが良いですね。

私がハイエースのドレスアップ用に実際に買った「JKM」のアイテム5つを順番に紹介してきます。

ハイエースドレスアップに私が購入した「JKM」アイテム5選

ハイエースドレスアップに私が購入した「JKM」アイテム5選
JKM

結構色んな魅力的なアイテムがあるので、正直迷いましたが、今回購入したのは以下の5つです。

購入アイテム
  • サーモマグ モバイルタンブラーミニ
  • シートカバー(フロント&リア)
  • トランクカーゴ
  • バケットマット
  • 買い物フック

それではひとつづつ紹介していきます。

①JKM サーモマグ モバイルタンブラーミニ

蓋付きで安心して持ち運べるミニタンブラーです。

中が真空の二重構造で外側に熱を伝えないので、朝出掛ける際に熱々のコーヒーやお茶を入れても素手でクルマに持ち運ぶことができます。

JKM サーモマグ モバイルタンブラーミニ
JKM サーモマグ モバイルタンブラーミニ内部

しかも蓋は密閉式なのでカバンに入れて移動することも可能。

もちろん暖かい飲み物だけでなく、冷たい飲み物でもしっかりと保冷してくれます。

デザインがシンプルなので、家でも外でも使えます。

ハイエース純正のカップホルダーにももちろん対応していて、これを置いてるだけでちょっとカッコよくなります。

JKM サーモマグ モバイルタンブラーミニ設置状態
JKMのサーモマグ。質感も良くハイエースに映えそう。

▶︎JKM(ジャック&マリー)サーモマグ モバイルタンブラーミニ

②JKM シートカバー(フロント&リア)

スウェット素材で手触りの良いシートカバー。適合車種も多く、もちろんハイエースにもバッチリフィットします。

通常専用のシートカバーを買うと数万円することも少なくないですが、JKMシートカバーは10分の1の値段で購入することができて神コスパです。

JKM シートカバー(フロント)
表側

裏返には真ん中にストッパーが付属していて、シートの座る部分と背もたれの間に差し込むことでズレを防ぐ構造になっています。

JKM シートカバー(フロント)裏面
ベルトで固定ができる仕様

実際に5型200系はハイエースのシートに取り付けした感じがこちら。

JKM シートカバー(フロント)装着画像

値段のわりに結構いい感じではないですか。

運転席・助手席のシートカバーの取り付けは夜に行ったので車内が見えづらく説明書を見ながら20分ほどかかりましたが、昼間ならもっと早くできると思います。

そして嬉しいのは、ハイエースだけでなく様々な車種に対応している点。

メーカー適合車種
トヨタハイエースバン、アクア、アリオン、ヴィッツ、エスティマ、シエンタ、タンク、プレミオなど
NISSANNV350キャラバン、ジューク、シルフィ、ノート、マーチ、エクストレイルなど
ホンダヴェゼル、ステップワゴン、シャトル、グレイス、バモス、フィット、フリード、フリード+など
スズキエブリィ、イグニス、ジムニー、クロスビー、スイフト、ソリオ、バレーノなど
ダイハツアトレーワゴン、ハイゼットカーゴ、トールなど
マツダデミオ

キャラバン、フリード、ジムニーなど、アウトドア&車中泊に向いてるクルマに結構対応しているのが嬉しいね!

リアシートカバーは素材はポリエステルでPVCコーティングのものを購入。

JKM シートカバー(リア)

後ろには主に子供が乗るので、食べ物や飲みものをこぼしても拭き取れる防水性はマストです。

JKM シートカバー(リア)装着画像

取り付けもフロントよりも簡単で、フロントと同じくストッパーを差し込み、マジックテープで止めるだけなので10分ぐらいで装着可能です。

対応シート
JACK &MARY公式
シート寸法
JACK &MARY公式

ヘッドレストが分離型ならだいた取り付け可能。

リアシートはほとんどの車種に適合しますが、形状によっては取り付け不可なものもあるので、ハイエース以外の人はシート形状と寸法を確認しましょう。

▶︎JKM(ジャック&マリー) シートカバー フロント1枚

JKM(ジャック&マリー) シートカバー フロント1枚
created by Rinker

▶︎JKM(ジャック&マリー) 防水シートカバー リア1枚(巾着袋付き)

JKM(ジャック&マリー) 防水シートカバー リア1枚(巾着袋付き)
created by Rinker

③JKM トランクカーゴ

大容量のトランクカーゴで、アウトドアシーンはもちろんのこと普段使いの収納にも最適です。

なんといってもポリプロピレン製なので頑丈。

ピリプロプレン製のカーゴはは無印良品などでもラインナップされており、元はTRUSCO(トラスコ)から販売されているトランクカーゴのOEMになります。

▶︎TRUSCO(トラスコ) トランクカーゴ 50L OD色 ODC-50

コヨーテ柄50ℓのサイズ感はこんな感じで、サイドにさりげなく「JKM」のロゴ。

JKM トランクカーゴ

下が50ℓ、上が25ℓのトランクカーゴ で、用途により使い分けています。

JKM トランクカーゴ2段
上は25ℓのトランクカーゴ(GORDON MILLER)

使い勝手も抜群で、持ち手が跳ね上げ式のロックなので、収納後そのまま移動する場合も持ち替える必要がありません。

我が家では主要なキャンプ用品をこのトランクカーゴに収納してハイエースの後部に常備。

JKM トランクカーゴ荷台
奥の25ℓトランクカーゴ には洗車用品を常備

そのまま持ちは運びできるのは良く考えられているね。

以下、JACK &MARIE(ジャック&マリー)のトランクカーゴの具体的なスペックです。

外寸(mm)間口600mm×奥行390mm×高さ370mm
内寸(mm)間口504mm×奥行306mm×高さ293:mm
容量50ℓ
重量2.71kg

現在は「JACK &MARIE」としては廃盤になっており、姉妹ブランドである「GORDON MILLER」ロゴのトランクカーゴが購入可能で、作りは全く同じです。

▶︎GORDON MILLER TRUNK CARGO 50L ゴードンミラー トランクカーゴ

④JKM バケットマット(リア)

特に子供の多い家庭では車内の足元が泥だらけになることもしばしばですが、愛車の足元が汚れるのを防いでくれるバケットマット。

私の家庭では後部座席に子供が乗るので、後部座席にこのバケットマットを敷いて使用しています。

JKM バケットマット(リア)

構造が立体的なので汚れや埃を外に逃がしにくく、防水素材(PVC)を採用しているので雨や雪などにも強いです。

さらに裏面にも突起があるのでズレにくいのも良いところ。

価格も驚きの安さ!これは買わない手はない!

写真はリア用でオリーブドラブというカラーですが、3色のカラー展開があります。

サイズ約450mm×460mm(リア用)
カラーネイビーブラック・ブラック・オリーブドラブ
素材PVC

フロント用もあるので特に綺麗好きな人はフロント用も揃えるとカッコいいです。

▶︎JKM(ジャック&マリー)バケットマット リア用1枚入

JKM(ジャック&マリー)バケットマット リア用1枚
created by Rinker

フロント用が欲しい人はこちら。

▶︎JKM(ジャック&マリー)バケットマット フロント用1枚入

JKM(ジャック&マリー)バケットマット フロント用1枚
created by Rinker

➄JKM 買い物フック

シンプルなデザインでJKMのロゴが入った買い物フック。ヘッドレストに引っ掛けるだけで、バッグや買い物袋をぶらさげることができます。

耐荷重は約7kgなので普段の買い物ぐらいなら問題なし。

フックの長さも10cm〜25cmまで調節が可能です。

JKM 買い物フック

カラーもブラック、ダークグレー、サンドベージュ、カーキ、ネイビーとあります。

金額も1,000円未満で超お手頃!

買い物フックのような小物までさらっとJKMで揃えておくとオシャレ度もアップします。

姉妹ブランド「GORDON MILLER(ゴードンミラー)」とは?

姉妹ブランド「GORDON MILLER(ゴードンミラー)」とは?
GORDON MILLER

トランクカーゴで少し触れた「GORDON MILLER(ゴードンミラー)」は、「JACK &MARIE((ジャック&マリー)」の姉妹ブランドともいえるガレージライフスタイルブランド。

「ゴードンミラー」は、整備工でクルマとガレージを愛するJACKの父親という位置づけらしく、それに伴い洗車用品やガレージ整備を楽しむ人向けのカーケアやDIYグッズを中心にアイテム展開をしています。

「JACK &MARIE(ジャック&マリー)」に比べると無骨で質実剛健なイメージで、クルマ好きの男心をくすぐるアイテムが揃っています。

▶︎GORDON MILLER メタルケース Mサイズ(W246×H38×D127)

▶︎GORDON MILLER フルカバーホースリール 20m 補助ホース2m付き

▶︎GORDON MILLER 高圧ジェットロングノズル

「JACK &MARIE」はクルマ内で使うアイテム、「GORDON MILLER」は洗車関係のカーケアアイテムや整備や収納などのガレージグッズというブランドコンセプトの棲み分けがされています。

JACKの父親というのが面白いブランディングだね。

カーライフブランド「JACK &MARIE(ジャック&マリー)」でハイエースをアウトドア&サーフスタイルに!おすすめ5選:まとめ

カーライフブランド「JACK &MARIE(ジャック&マリー)」でハイエースをアウトドア&サーフスタイルに!おすすめ5選:まとめ

「JACK &MARIE」のカーアイテムは安価なので、すぐに取り入れて簡単に愛車をイメチェンできるのが最大の魅力です。

手の込んだDIYでカスタムするハイエースライフも楽しいですが、まずは手軽に「JACK &MARIE」「GORDON MILLER」からハイエースカスタムを初めてみるのも良いのでは。

快適なバンライフを目指すなら合わせてこちらの記事もどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる