ソニーのVLOG特化コンパクトカメラ「VLOGCAM ZV-1」が発売!RX100M7との違いを比較【YouTubeを始める人に最適】

のアイコン画像

「VLOGCAM ZV-1」の具体的にどこが凄いの?

こんにちは。ichi(@ichi_14blog)です。

ソニーから先日発売された新しいカメラ「VLOGCAM ZV-1」。

実は神機材とも言える凄い機材なんです。

「VLOGCAM ZV-1」はバリアングル液晶を搭載し、「RXシリーズ」の高画質・機動性・操作性を兼ね備えた最強のVLOG撮影カメラです。

動画性能の高いと評判の高級コンデジの「RXシリーズ」との違いはどこにあるのか?

そこも踏まえながら「VLOGCAM ZV-1」の全貌に迫ります。

この記事を読むとわかること
  • 「VLOGCAM ZV-1」のスペック
  • 「VLOGCAM ZV-1」と「RX100M7」の性能比較
目次

「VLOGCAM ZV-1」とは?

「VLOGCAM ZV-1」とは?
ソニーHP

「VLOGCAM ZV-1」はYouTubeなどの動画投稿の需要が高まる中、VLOG撮影に特化したコンパクトカメラ2020年6月19日に発売されました。

VLOGに特化した機能を備え UP!ME セカイにジブンをアップしよう。 をキャッチコピーとしています。

UP!ME
ソニーHP

ソニーが掲げる「VLOGCAM ZV-1」のコンセプトは以下のとおり。

世界各国のVloggerの声を集めて、
Vlogに求められる機能と使い勝手を備えたカメラがついに誕生。

「本格的で高画質な映像と、スマートフォンのようなかんたん操作を兼ね備えた、
Vlog撮影に特化したカメラです」

引用:ソニー公式

世界中のYouTuberのために開発された言われるだけあって、VLOG用途をかなり意識したカメラです。

のアイコン画像

スマホで誰でも動画が撮れるようななったけど、差別化をはかれる本格VLOGカメラとして人気になりそう。

「ZV-1」は動画に特化したカメラではありますが、RXシリーズ譲りの静止画性能もそのまま。なので静止画もバッチリ撮影できます。

▶︎ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

スペシャルサイトでは人気クリエイター達が「ZV-1」を使用して撮影したサンプルムービーが紹介されています。

▶ソニーのスペシャルサイトへ行く

▶in living. さん ZV-1 Vlog

▶大川優介さん ZV-1 Vlog

動画初心者でも簡単に使えて、VLOG撮影に便利な機能がたくさん搭載されている「VLOGCAM ZV-1」。

その中でも特筆すべき機能を紹介します。

▶︎ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

バリアングル液晶で自撮りが簡単

「VLOGCAM ZV-1」の最大の特徴はなんといっても、ソニーユーザー待望のバリアングルモニターの採用です。

ソニーではハンディカムを除いて初めてのバリアングルモニター搭載機となります。

バリアングル液晶
価格.com

液晶モニターを撮影者側に向けれるので、非常にスムーズな自撮りが可能になりました。

のアイコン画像

待望のバリアングル液晶!ソニーの民生機では初めての採用だからこれは嬉しい!

顔の明るさをキープする「顔優先AE」

屋外で動きながら自撮りをしていると、顔の明るさが明るくなったり暗くなったりした経験があると思いますが、「ZV-1」は自動検出による顔優先AE機能で露出補正してくれます。

この機能により明るい所から暗いところに移動するなど明るさが急変しても、最適な顔の明るさを自動でキープ。

下の画像を見るとわかりますが、光量が少ない状況下の撮影でも顔はしっかり明るく写ります。

顔優先AE
ソニーHP

バリアングル液晶に採用によりVLOGに特化し、最適な顔の明るさも自動で補正してくれるのは大変便利です。

これからYouTubeなどでの動画配信を始める人には間違いなく一押しカメラですね。

のアイコン画像

アクションカムなみの携帯性で、自撮りも出来て綺麗に撮れるとは至れり尽くせりだね。

背景のぼけがワンタッチで切り替え可能

ソニーには高級コンパクトデジカメのラインナップに「RX100シリーズ」がありますが、「VLOGCAM ZV-1」はRXシリーズの性能を引き継ぎながら、初心者でも簡単にカッコイイ映像が撮れる工夫がされています。

そのひとつが背景ボケのワンタッチ切り替え機能。

背景をぼかしたいときは「背景ぼけ切り換え」のボタンを押すだけで人物を浮きだたせることができ、逆に背景をしっかり見せたい時もボタン一つで切り替えができてとても便利です。

ぼけのワンタッチ切り替え
ソニーHP

手振れ補正もまあまあ効く

「VLOGCAM ZV-1」には手振れ補正機能が搭載されているので、歩きながらの自撮りでもブレのない映像を撮影することが可能です。

ただし手振れ補正はスタンダードモードとアクティブモードがあり、アクティブモードにすると多少画角が狭くなります。

この点については、YouTuberのさっさんさんの動画がわかりやすいです。

▶【SONY ZV-1 レビュー】このサイズでこの画質はヤバい!今話題のVloger向けカメラを使ってみたらむちゃくちゃいいカメラでした。

手振れ補正をより効かせたい場合は、手持ちでなくソニー純正のシューティンググリップを一緒に使用するのが良いです。

ZV-1自撮りイメージ
ソニーHP

「VLOGCAM ZV-1」の手振れ補正の威力は、RXシリーズと同等レベルで「GoPro」や「OsmoPoket」といったアクションカムよりは弱い感じです。

商品レビュー用設定の搭載

「YouTubeで商品紹介をしてみたい」、そんな方には「VLOGCAM ZV-1」の商品レビュー設定機能は必須です。

通常自撮り状態で顔の前に商品を持ってくる場合、顔を隠すようにして商品をカメラに向けます。

そうしないとカメラがピントに迷い、商品がピンボケになってしまうからです。

でも「VLOGCAM ZV-1」なら「商品レビュー用設定ボタン」一押しするだけで、顔から商品、商品から顔へのピント移動がスムーズに行えます。

商品紹介
ソニーHP

自然な描写と美肌モード

「VLOGCAM ZV-1」は被写体の性別や年齢に関わらず美肌を再現してくれます。

また顔のシミ・しわ・くすみなどを目立たなくし、目元や口元もメリハリをつけるなど自動補正。

のアイコン画像

これは特に女性にとっては必須の機能だね。

しかも難しい設定なしに美肌を表現できるので、初心者にも超絶優しいです。

補正のモードは度合いに応じて、「OFF・LO・MID・HI」の4つの設定から選択できます。

美肌モード
ソニーHP

ソニーユーザーのYouTuber高澤けーすけさんが自身の動画内で、RXシリーズと比べると白っぽく写り、美肌感が綺麗に出ると語られています。

▶全てのVloggerに捧ぐ最高のカメラ。Sony VLOGCAM ZV-1レビュー。

ホットシューを利用したウィンドジャマー標準装備

「VLOGCAM ZV-1」は、本体上部に指向性の3つのマイクカプセルを装備し、高品質な録音が可能になりました。

また集音部分のカバーの形状が変更され、ウインドノイズを大幅に減らすウインドスクリーンを標準で付属しています。

ウインドジャマーを取り付けることで、風の強い屋外でも風切り音を気にすることなく声をしっかりとキャッチできるようになりました。

ウインドジャマー
ソニーHP

今までは別売りでウインドジャマーを購入し両面テープで張り付ける必要がありましたが、「ZV-1」ではワンタッチでホットシューに着脱できます。

のアイコン画像

ウインドジャマーがワンタッチで着脱できるのは今までになかった画期的アイデアじゃないかな!

その他の機能

他にも便利な機能がもりだくさんです。

主に以下のような機能です。

  • アルタイム瞳AFに対応
  • 「 ZV-1」をPCに接続してWEBカメラとして利用可能
  • 外付けマイク用外部マイク端子を搭載
  • 持ちやすいボディグリップ付き
  • 録画ランプの搭載
のアイコン画像

webカメラとしても使えるのか!ズーム会議とかにもよさそう。

とにかくVLOGに必要な機能が目一杯詰め込まれた感じです。

ソニーの高級コンデジ「RX100M7」と比べても劣る点は見当たらない気がしますね。

▶︎ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

「VLOGCAM ZV-1」と「RX100M7」のスペック比較

「VLOGCAM ZV-1」と「RX100M7」のスペック比較

次に「VLOGCAM ZV-1」と「RX100M7」のスペックを比較してみます。

「RX100M7」の関連記事はこちら👇

▶「ZV-1」と「RX100M7」とのスペック比較

項目「ZV-1」RX100M7
発売日2020年6月19日2019年8月30日
センサー1.0型 Exmor RS CMOSセンサー1.0型 CMOS(新型)
画像処理エンジンBIONZ XBIONZ X
有効画素数約2010万画素約2010万画素
レンズZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ(レンズ構成:9群10枚
(AAレンズを3枚含む非球面レンズ9枚))
ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ
(レンズ構成:12群15枚(AAレンズを4枚含む非球面レンズ8枚))
EVFなし有機EL 235万ドット
電子ビューファインダー
モニター可動域バリアングルモニターチルト式 上約180度、下約90度
ボディ内手振れ補正4Kアクティブ可4Kアクティブ可
最大ISO感度ISO100-12800ISO100-12800
AFエリア315点(位相差検出方式)
425点(コントラスト方式)
357点(位相差検出方式)
425点(コントラスト方式)
AF速度未確認0.02秒
背面モニタータッチパネルタッチパネル
内臓フラッシュありあり
F値(開放)f1.8(ワイド側)-2.8(テレ側)F2.8(ワイド端時) -4.5(テレ端時)
焦点距離24-70mm24-200mm
連続撮影撮影枚数約260枚 / 約130分約260枚 / 約130分
連写性能最高約24コマ/秒最高約20コマ/秒
(ブラックアウトフリー)
瞳AF(静止画)あり(左右選択可)あり(左右選択可)
動物瞳AF(静止画)ありあり
動画性能4K30P4K30P
動画瞳AFありあり
リアルタイム
トラッキング
静止画・動画ともあり静止画・動画ともあり
インターバル撮影本機内で可能本機内で可能
ヘッドフォン端子ありあり
ピクチャー
プロファイル
PP1-PP10
(s-log2、s-log3)
PP1-PP10
(s-log2、s-log3)
バッテリーNP-BX1NP-BX1
重量約267g(本体のみ)約302g(本体のみ)
価格(税抜)91,000円(オープン)約145,000円(オープン)

驚きなのはこれだけの機能を兼ね備えていて価格が10万円(税抜)を切る点です。

「RX100M7」が145,000円(税抜)なのを考えるとかなりお買い得ですね。

AFエリア、連写性能のブラックアウトフリー、EVF、焦点距離などは「RX100M7」が有利ですが、これは静止画を意識したための仕様です。

対してレンズがF値1.8スタート、ボディが軽量、バリアングルモニターなど、その他の動画性能が「RX100M7」とほぼ同等と考えると映像撮影では「VLOGCAM ZV-1」が一歩リードです。

撮影時間についても、RX100M7は熱暴走に非常に強かったですが、「VLOGCAM ZV-1」も4K撮影が1時間以上可能と非常に優秀です。

▶︎ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

「VLOGCOM ZV-1」が発売!RX100M7との違いを比較:まとめ

「VLOGCOM ZV-1」が発売!RX100M7との違いを比較:まとめ

以上、ソニーのVLOG特化型カメラ「VLOGCAM ZV-1」について紹介しました。

これからVLOGを始めたい方にとって、「VLOGCAM ZV-1」は間違いなく買いです。

より細かい点については購入レビューで改めて記事にします。

▶︎<ソニー Vlog用カメラ VLOGCAM ZV-1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

圧倒的な使い心地。ブロックエディター完全対応のWordPressテーマ。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

目次
閉じる