新車ハイエースガソリンモデルの見積書を公開します【200系5型ダークプライムⅡ】

のアイコン画像

ハイエースはディーラーでも店頭に並んでないことが多くて、購入総額がどれくらいになるのかイメージが沸かないんだよね。

こんにちは。ichi(@ichi_14blog)です。

ファミリーカーとしてハイエースを購入しようと考えている方、意外と多いと思います。

ただ実際値引きってどれぐらいしてもらえるのか、購入金額はいくらになるのか、気になりますよね。

ハイエースはその人気とは裏腹に、車体についての情報がディーラーであまり得られない不思議なクルマ。

のアイコン画像

確かにディーラーに展示されているのは、売れ筋のミニバンがほとんどで、これではハイエースの購入をイメージしにくいよね。

ということで、今回は私が実際に購入した時の発注書を公開しようと思います。

この記事を読むとわかること
  • 私のハイエース購入時の見積もり
  • 下取り時の注意点
目次

ハイエースの新車注文書の内容公開

ハイエースの新車注文書の内容公開

私もハイエースを購入するまでは完全素人でした。

ディーラーには車両が置いていないことが多く、専門店などの情報を読み漁って購入金額を調べていたのですが、イマイチピンとこない。

何故なら、専門店の車両はほとんどがコンプリート車でフル装備です。

なので値引き額は大きいように見えて、実はほとんどがオプションからの値引きということも。

のアイコン画像

車の購入代金って、オプションの幅が大きすぎてホント分かりにくいよね。特にトヨタはオプション扱いが多い・・・。

私は乗り出し価格を抑えたかったので極力必要最小限のオプションで相談することになりました。

今回は、ほぼ最終段階(実際は購入後納品までにオプションを追加したため)の見積もりを公開しますが、諸条件により金額は変化するのであくまで参考でお願いします。

新車注文書の内容公開

ハイエース見積実画像1

グレードは「スーパーGL  ダークプライム2  ガソリン 2WD」です。

以下内訳です。

  • 本体車両価格 2,816,741円 (定価3,139,560円 ー 値引322,814円)
  • メーカーオプション価格 144,720円
  • 付属品価格 231,340円(定価281,340円 ー 値引50,000円)

合計価格 3,192,806円

ただし、これに加えて下の写真のような諸手続きの費用がかかります。

ハイエース見積実画像2
  • 税金、保険料  54,660円
  • 課税販売諸費用   37,874円
  • 預かり法定費用等 18,600円
  • その他 44,550円合計金額 155,684円

ディーラー下取りが、48,490円となっていますので、

  • 車体価格 3,192,806円 + 諸経費 155,684円 − 下取り 48,490円

最終金額支払金額 3,300,000円

という結果になりました。

下取りの価格は明らかにキリの良い価格にするための数字合わせのように思いますので、ほぼ価値ゼロだったというところでしょうか。

のアイコン画像

実際には下取りには出さず、中古車買取査定の買取保証で100,000円で買取をお願いしたので、3,250,000円程でした。

ですが後にスタビライザーを追加発注したのでほぼ上記の金額ぐらいになりました。

さらにハイエースの場合、防犯アイテムがいくつか必須になるのでそれも合わせると3,350,000円といったところです。

4WDのディーゼルの場合、車体価格が90万ほどプラスされます。値引き額も更に大きくなることが予想されますが、購入価格は400万は下らないでしょう。

値引き額の考察

今回の購入結果を見てみますと、値引き額は372,814円(税込)ということになりました。

のアイコン画像

個人的にはまあまあかなと思うね。

付属品からは全く値引きがされてませんが、反面車体からの値引きをそこそこ取れていると思います。

ハイエースは値引きがない、というような噂も聞いてたので、それを考えると頑張ったのでは。

見積もり時は付属品は控えめに

車体値引き額も落ち着いて価格綱領の最終段階になると、付属品の値引きしか出来なくなってきます。

契約時の最後の一押しのための切り札を持っておいた方がベター。

例えば私の場合、ESSEXのフロアマットを最初から見積もりに入れていたのですが、あえて入れず最終段階で「フロアマットをつけてくれたら契約するよ」といったような交渉もできたかな、と感じました。

ただしナビなどの高額商品は難しいので、フロアマットや100V電源、ETCなど1万円〜2万円前後のものが有効かと思います。

他者競合車種との相見積もりについて

ハイエースを購入にあたり日産のキャラバンを試乗し、相見積もりを進めていました。

もちろんハイエースの値引きを引き出すためですが、競合他者の試乗の必要性については下記記事でも紹介しています。

キャラバンの見積もりを持ってハイエースの交渉にあたろうと考えていましたが、日産のディーラーにハイエースとの検討を伝えたせいか、具体的な見積もりをもらえませんでした。

のアイコン画像

単純に担当者の問題かもですが、あまりハイエースを競合させていることを押しすぎない方が良いかも。

もっともキャラバンを試乗する時点で、ハイエースも検討していることは恐らく想定されていますが。笑

結果キャラバンの見積は間に合わず、ハイエースの交渉時には既に見積もりを受取済のフリで進めました。

ただ結果的には、キャラバンとの相見積もりで価格交渉に有利に働くような印象は受けませんでした。

他者と競合というよりは、ハイエースをどうしても御社で買いたい、という思いをうまくアピールすべきですね。

トヨタの他ディーラーとの相見積もりは?

ネットで調べると、ディーラー同士の相見積もりで値引きを引き出せるという情報があります。

確かにハイエースの場合、トヨペット同士で相見積もりは可能かもですが、それぞれ試乗と相談をしないと明確な見積もりが出てこないので相当な手間になり、ディーラー間でも情報共有はされていると思います。

レジアスエースでも良いという方は、レジアスエースの管轄であるネッツトヨタとトヨペットの相見積もりは効果的かもしれません。

レジアスエースとハイエースは中身は全く同じですが、ハイエースの方がブランド的に人気のため、レジアスエースの方が値引きを取りやすいようです。

ただしこの販売チャンネルは次の300系からは統一されるようです。

ディーラーでの下取りについての注意

ディーラーでの下取りについての注意

ディーラーでの下取りについての注意点は、『ハイエースを中古車で購入する際の注意点【中古車のメリットとデメリット】』という記事で詳しく説明していますので、参考にどうぞ。

「買取り」と「下取り」の違いは以下です。

  • 買取とは、新車購入とは関係なく中古車販売店などに車を売却する事
  • 下取りとは、新車購入又は中古車を買うお店に車を引き取ってもらう事

下取りと買取の違いはしっかり理解しておきましょう。

ディーラ下取りはしない

とにかく新車を購入する際に、ディーラーに下取りに出すと間違いなく損をすることになります。

のアイコン画像

面倒くさがらずに、必ず買取専門店や中古車販売店に売りましょう。
ディーラーの下取りよりは高く買い取ってもらえることがほとんどです。

その際には一括査定買取のサービスを利用すると一斉に相見積もりが取れて大変便利です。

一括査定の申込は車両情報と住所・氏名・連絡先等を入力するだけですので一瞬で行え、もちろん無料。

▶︎中古車買取査定市場で査定してみる

買取り保証業者に売ろう

ご自身の車をを査定してもらった際に、買取価格が激安、、という方もいると思います。

私も古い車だったのでディーラー査定ではほぼ価値はゼロ、買取業者でも二束三文といった感じでした。

しかし買取業者には買取保証を設けている業者もあります。

例えば、「どんな状態でも10万円で買取致します」などといったフレーズを聞いたことはありませんか?

「買取額がつかなかった」「思った以上に安かった」と買取見積もりを1社、2社で諦めるのは非常にもったいないです。

私の場合も最終的に買取価格10万円がついたので諦めずに交渉することが大切です。

のアイコン画像

一括査定なら一回の入力で複数の見積もりが取れるから、それぐらいは面倒くさがらずに頑張ろう!

▶︎中古車買取査定市場で査定してみる

新車ハイエースガソリンモデルの見積書を公開します:まとめ

ハイエース見積大見出し3

ハイエースの購入見積、思ったより安いと感じた方もいるのではないでしょうか。

ガソリンモデルであれば普通にミニバンを購入するのと変わらないぐらいの金額で購入が可能なんです。

ただしハイエースの場合、購入後盗難の備えとして防犯グッズのいくつかは必ず購入する必要があるので、その分の予算は確保しましょう。

ハンドルロックなどは特にオススメです。

最後におさらいです。

ハイエース購入交渉の注意点
  • 車体値引きを頑張ろう!
  • オプションは見積時につけすぎず、最終交渉に
  • ディーラー下取りはNG!買取業者に売却
  • ガソリン車の値引き額は35万~40万位が目標

ではこれから購入される皆さん、検討を祈っています!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

圧倒的な使い心地。ブロックエディター完全対応のWordPressテーマ。

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

目次
閉じる