純正スマートキーだけでハイエースをリレーアタックから守る方法を検証してみた【ハイエース200系5型】

純正スマートキーだけでハイエースをリレーアタックから守る方法を検証してみた【ハイエース200系5型】

ハイエースのリレーアタックをスマートキーで簡単に防げると聞いたけど、どうやるのかな?

こんにちは。ichi(@ichi_14blog)です。

ハイエースの盗難手口として「リレーアタック」を耳にすることがあると思いますが、リレーアタックの防止には専用の防止アイテムを利用するのが一般的です。

しかしこのリレーアタック防止が純正スマートキーの操作一つで防ぐ方法があることを知りました。

本当に純正キーだけで防げるのかな?

この記事では純正のスマートキーのみでリレーアタックを防ぐ方法と、小物や専用アイテムを使ったリレーアタックから守る方法を比較検証してみます。

目次

リレーアタックによる盗難とは?

リレーアタックによる盗難とは?

リレーアタックとは、スマートキーから常時出ている微弱電波を悪用してドアロックを一瞬で解除してしまう悪質な盗難手口です。

ハイエースの盗難状況では、イモビカッターやリレーアタックについても解説しているので合わせてお読みください。

一般的には以下の方法で電波を遮断します。

  • スチール缶に入れる
  • アルミホイルで巻く
  • 専用のポーチを購入する

それぞれ検証します。

スチール缶にいれる

ハイエースのスマートキーをスチール製の缶に入れて保管する方法です。

うちでもこんな感じの缶に入れています。

かんかんのキー

しかしこの方法は完璧に電波をシャットアウトするものではありません。

何も対策をしないよりは100倍マシですが、鍵の保管場所が車から近い人はこれでもリレーアタックの被害に遭う可能性があります。

私の場合はガレージから直線距離で7mほど運転席から離れているので大丈夫ですが、近いかたは注意が必要ですね。

アルミホイルに巻く

原始的な方法ですが、スマートキーを直接アルミホイルに巻いて保管する方法です。

実際にやるとこんな感じ。

アルミで包むキー

アルミホイルで巻くのはかなり効果的ですが、ちょっと見た目に難ありです。

アルミホイルに巻いて前述のスチール缶に入れると見栄えは良くなりますが、そもそもアルミホイルに毎回巻くのが面倒くさいですね・・・

専用ポーチに入れる

お次はスマートキーから出る電波を完全にシャットアウトする専用ポーチです。

当然ながらリレーアタック対策用として専用に開発されているので信頼性は他と比べてナンバーワンですね。

スマートキーケースもいろんな種類が出ていますが、電波遮断布を3層ぐらい重ねているものが安心感が高いです。

安い商品だと電波遮断布が1〜2層のものもあり、これだと少しこころもとないです。

アイテムに多少お金をかけてもしっかり守りたい、という方はコチラの商品を選んでおけば間違いないです👇

BOXタイプもあって、多重の電波防止布を使用。5本までキーを入れられるので複数台車を所有する方にはコチラ。見た目もおしゃれです。

スマートキーのみでリレーアタックを防ぐ方法

スマートキーのみでリレーアタックを防ぐ方法

お金をかけてリレーアタック防止には専用アイテムを買うのが良さそうですが、スマートキーのみで盗難対策についても検証してみます。

具体的なやり方は以下のとおりです。

節電モード設定方法

スマートキーの施錠ボタンを押しながら解錠ボタンを2回押し、インジケータが4回光るのを確認したら節電モード完了。(節電モードはスマートキーのどれかのボタンを押すと解除)

このモードは本来電池消耗が気になる人に向けの方法ですが、リレーアタック対策にも有効です。

なお、節電モード中はスマートキーでの操作は使用できません。

トヨタの公式ページにも解説がありました。

▶︎リレーアタックへの応急対策~スマートキー節電モードの設定方法~

動画を見るに、確かに反応しないようで、ドアロックの解除やエンジンスタートもできないようです。

節電モードを解除するときは何かのボタンを押せば良しです。

このモードは電波自体の発信を止めてしまうので、効果的であることがわかりました。

お金をかけずに手軽にリレーアタック対策が可能ですが、乗る時に毎回解除するのは少しだけ手間なので、お金と手間のどっちを取るか、ですね。

まとめ:スマートキーの節電モードは盗難防止にも効果的

まとめ:スマートキーの節電モードは盗難防止にも効果的

以上、スマートキーだけでハイエースのリレーアタックを防ぐ方法を紹介しました。

節電モードはリレーアタックに有効ですが、トヨタいわく緊急用という位置づけのようです。

日常的なリレーアタック防止には専用アイテムを購入したり、ハンドルロックなど他の盗難対策グッズと組み合わせた対策がより効果的。

ちなみにスマートキーの節電モードはハイエースだけでなく他のトヨタの車種でも可能ですが、若干操作が異なる場合があります。(他メーカーはわかりません。)

ちょっとの工夫で盗難対策がワンランクアップするので、ぜひ実践してみましょう。

純正スマートキーだけでハイエースをリレーアタックから守る方法を検証してみた【ハイエース200系5型】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる