ただいまサイトを修正しています。一部デザインが崩れている場合がございます。ご迷惑をおかけしますがご理解の程、お願い申し上げます。

【ビジネスシューズ】ハイドロテックウルトラライトをオススメする6つの理由〈10ヶ月間履いた実例あり〉

男の子
重くて高いビジネスシューズにうんざり。。
コスパ重視でおすすめのビジネスシューズを教えて!!

 

こんにちは。(@ichi_14blog)です。

 

普段、通勤靴がすぐにダメになってしまう私。

 

以前は有名メーカーの少し高めの革靴を修理しながら履いていました。

 

しかし歩き方が悪いのか、かかと部分がすぐに斜めにすり減るため、今ではコスパ重視のビジネスシューズを年に3足は買い換えています。

 

ところが今回履いている「ハイドロテック」というビジネスシューズを購入したところ、なんと10ヶ月経った今もかかとを減らすことなく履けており、これはオススメできるという思いからレビューすることにしました!

 

この記事では、ビジネス用革靴「ハイドロテック(HYDRO-TECH)・ウルトラライト」の魅力を紹介します。

 

▶︎ハイドロテック・ウルトラライト【ビジネスシューズ】

 

目次

「ハイドロテックシリーズ」とは?

ハイドロテックシリーズ
(出典:株式会社チヨダ

 

「ハイドロテック」ラインナップ

「ハイドロテック」シリーズの販売元は株式会社チヨダという企業で、シリーズには用途に合わせて合計で12種類のラインに分かれています。

 

2003年9月から2019年4月までの間に実に累計815万足を販売したビジネスマンに人気のシューズです。

 

防水性や防滑性、軽量設計・対衝撃、通気性など、ニーズに合わせた機能を搭載したシューズを展開しています。

シリーズ名 特徴
ハイドロテック・ブルーコレクション 防水レザーを備えた全天候型高機能ビジネスシューズ
ハイドロテック・ウルトラライト 累計130万即を売り上げた本革なのに超軽量な高機能シューズ
ハイドロテック・プレミアムドレス 透湿防水技術を採用。最高の素材を集約した防水ドレスシューズ
ハイドロテック・スタイリッシュウォーク 悪天候下でも「快適な歩き」をサポートするウォーキングシューズ
ハイドロテック・ハイキング 強力にグリップするラギッドソールを採用したハイキングシューズ
ハイドロテック・ブラックコレクション 機能的かつ先端素材を組み合わせた信頼性の高いビジネスシューズ
ハイドロテック・アクティブライト シリーズ史上最も軽い最軽量・高クッションなビジネスシューズ
ハイドロテック・クラシック 山羊革を使用。質にこだわる大人の足のためのコンフォートシューズ
ハイドロテック・ウォーキング 履きやすさを重視。歩きやすく、疲れにくいウォーキングシューズ
ハイドロテック・ファインセッター 高い機能と低価格を同時に実現したビジネスシューズ
ハイドロテック・スタイリッシュドレスコレクション アッパーに水を通さない高級天然皮革を採用。悪天候下でも頼りになる全天候型のスタイリッシュビジネスシューズ
ハイドロテック・WIND 通気性に徹底的にこだわった日本の夏にぴったりのビジネスシューズ

 

このうち私が愛用しているのは「ハイドロテック」シリーズのうち「ウルトラライト」です。

 

売れ筋は「ウルトラライト」と「ブルーコレクション」

シリーズの中で一番人気なのは「ウルトラライト」、次いで「ブルーコレクション」が人気です。

 

「ブルーコレクション」は全天候型ビジネスシューズで、水分を通さない防水レザーを使用。ミシン目にも防水処理を施し、「ウルトラライト」よりも高い防水性と防滑性を誇っています。

 

値段は「ウルトラライト」より少し高めです。

 

▶︎「雨と戦う、テクノロジー。」全天候型ビジネスシューズ ハイドロテック・ブルーコレクション

 

少し高くてもより高品質なものを求める人は「ブルー・コレクション」が良いです。

 

▶︎ハイドロテック・ブルーコレクション

 

「ハイドロテック」ウルトラライトシリーズの良い点6つ

ハイドロテックウルトラライト黒

私が愛用しているのは「ブルーコレクション」ではなく、「ウルトラライト」です。

 

▶︎ハイドロテック・ウルトラライト

 

「ウルトラライト」をオススメする理由についても説明します。

 

まず「ハイドロテック・ウルトラライト」の良い点は以下。

ウルトラライトの良い点
  • 軽量な設計
  • 本革仕様
  • 抗菌(インソール)
  • 屈曲性能
  • 新・3Eラスト
  • 安価な価格

順にみていきます。

 

軽量な設計

「ハイドロテック・ウルトラライト」の一番の特徴はなんといってもその軽さ。

 

公式の発表では片足265g(25.0cmの時)との事でしたので、実際に測って見ました。

ハイドロテック重さ

 

結果は両足で600gです。

 

単純に片足300gと公式発表の265gとは結構差がありますが、私の靴のサイズは26.0cmなのでその差も関係しているのと、計測に使用したのが体重計ということで厳密性には欠けるかもしれません。

 

しかし大事なのは実際に履いた時の体感としての軽さです。

 

私個人の感想としては「かなり軽い」です。

 

本革仕様

「ハイドロテック・ウルトラライト」は安価にもかかわらず天然皮革を使用しています。

 

タグにも確かに「天然皮革」という表記があります。

ハイドロテックタグ

 

ただし私自身、皮と革の違いには全く詳しくありませんので、下記を引用しました。

 

▶︎天然皮革とは?

天然皮革とは、牛や馬、豚などの動物の皮に”なめし”などの工程を加えたものを指します。原料(動物の皮)の状態を「皮」と呼び、樹液や薬品を用いて腐敗防止などの効果をもたせる”なめし”を行ったものが「皮革」になります。

引用:Mens Leather Magazine

 

間違いなく原料は動物の皮のようです。

 

天然皮革は一般的に合成皮革よりも劣化しにくく、丁寧に手入れすれば長く使用できるそうです。

 

あと後にも説明しますが、革特有の風合いと足へのフィット感があるように感じます。

 

「ビジネスシューズはできれば本革で」というビジネスマンには「ウルトラライト」や「ブルーコレクション」は満足できると思います。

 

抗菌性能

上のシリーズである「ハイドロテック・ブルーコレクション」については公式HPにおいて、抗菌効果について以下のような説明があります。

 

▶︎抗菌効果について

抗菌素材「コーキンマスター™」を配合した「Biohunt CG-x」がニオイの原因菌の増殖を抑制。

引用:株式会社チヨダHP

 

しかしこの「ウルトラライト」シリーズについては詳しい表記がありません。(タグには抗菌機能の表記あり)

 

実際のところは不明ですが、現在購入後10ヶ月履いている「ハイドロテック・ウルトラライト」は驚くほど臭いがしません。

 

ただ臭いについては、嗅覚等に個人差がありますのであくまで参考とします。

 

屈曲性能

「ハイドロテック」のウルトラライトは持った感覚がかなり軽く柔らかいです。

 

通常、革靴のビジネスシューズの新品時は結構硬く、足を動かした際に中で指が当たる感覚がある場合が多いですが、この靴は足を入れた際の屈曲感もかなりスムーズで、フィット感があります。

 

初めて履いた時に個人的にはかなり衝撃でした。

ハイドロテック柔軟性

 

上の写真は新品の「ウルトラライト」ですが、革靴でここまで屈曲するのはなかなかないです。

 

これは「ハイドロテック」シリーズの皮革使用と優れた屈曲性能によるものと思われます。

 

新・3Eラストを採用

「ハイドロテック」シリーズの「ウルトラライト」や「ブルーコレクション」は新・3Eラストという構造を採用しています。

 

そもそも3Eなどは、「ウィズ(ワイズともいう)」と言われるJIS(日本工業規格)に基づいて決められている足幅(長さ)と足囲(太さ)を指す表記です。

 

日本人は足幅が広い人が多く、一般に3E(EEE)や4E(EEEE)がフィットする方が多いようです。

 

▶︎JIS(日本工業規格)で決められた足のサイズ

サイズ EE(足囲/足幅) EEE(足囲/足幅) EEEE(足囲/足幅)
24.5cm 246/101mm 252/103mm 258/105mm
25.0cm 249/102mm 255/104mm 261/106mm
25.5cm 252/103mm 258/105mm 264/107mm
26.0cm 255/104mm 261/106mm 267/108mm
26.5cm 258/105mm 264/107mm 270/109mm
27.0cm 261/106mm 267/108mm 273/110mm

 

「ブルーコレクション」「ウルトラライト」も3Eを採用しつつ独自の新3Eラストという形状を開発。

 

足の締め付けが少なく、長時間歩行の疲労を軽減する形となっています。

 

実際、私は通勤で週に5日、往復6キロ以上をこの「ハイドロテック・ウルトラライト」で10ヶ月間使用してきましたが、以前のビジネスシューズに比べて格段に疲労が軽減しました。

 

安価な値段

「ハイドロテック・ウルトラライト」の最大の特徴と言っていいのが値段です。

 

定価で税込6,490円と「ハイドロテック・ウルトラライト」は非常に安価です。

 

公式サイトでも6,000円を切る値段で売られていたり、アマゾンのタイムセールではなんと4,000円代で販売されていることもあり非常にお買い得です。

ハイドロテック購買

 

一方、ワンランク上の「ブルーコレクション」は定価で税込1,0780円となっているので、「ウルトラライト」との差額は4,300円。

 

2,000円足せば、「ウルトラライト」を2足買えてしまいます。

 

このコストパフォーマンスの良さが「ハイドロテック・ウルトラライト」をオススメする最大の理由です。

 

「ブルーコレクション」の高機能も魅力ですが、私なら「ウルトラライト」を色違いで2足買って回す方が靴も長持ちし、経済的だと考えます。

 

▶︎ハイドロテック・ウルトラライト

 

「ハイドロテック」ウルトラライトシリーズのイマイチな点

ハイドロテックウルトラライトブラウン
(出典:SHOE PLAZA

「ハイドロテック・ウルトラライト」のイマイチな点は以下。

ウルトラライトのイマイチな点
  • 傷がつきやすい
  • 完全防水ではない
  • 履き始めは若干安っぽく見える

こちらも順番に説明します。

 

傷がつきやすい

これは本革だけあって仕方ないのですが、表面に傷がつきやすいです。

 

つま先が特にひっかきやすいです。

ハイドロテックつま先

 

ただ革製品である以上、傷は必ず付くものです。

 

私は全く行っていませんが、クリームを塗るなど靴のお手入れをしっかりと行う方であればある程度補修も可能ですし、革靴の風合いとして良い感じに履きこなせるのではないでしょうか。

 

傷もまた個性というところでしょうか。私も新しい靴はしっかり手入れしていきたいです。

 

完全防水ではない

「ハイドロテック・ウルトラライト」には防水性はないです。

 

商品タグを見ても防水性には触れていません。

ハイドロテック機能

 

ですので、雨の日に履く場合は、防水スプレーを振るなど、別の雨天対策を行う必要があります。

 

▶︎LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 布・革 420ml DBS-420

 

履き始めは若干安っぽくみえる

形は良いのですが、表面の質感が少し安っぽく感じる時はあります。

 

特にブラックよりブラウンの方に見受けられます。

 

しかし履き込むことで良い感じの風合いを十分に出すことが可能です。

 

履き込んだ写真は後述の「新品と9ヶ月使用したウルトラライトの比較」を見ていただければわかると思います。

 

▶︎ハイドロテック・ウルトラライト

 

「ハイドロテック」の評判について

ハイドロテックウルトラライト黒正面

次に、「ハイドロテック・ウルトラライト」の口コミや評判について調べました。

 

Twitterでの評判

SNSでも度々話題に上がっています。

 

Twitterの口コミです。

 

靴自体は気に入っているものの、「ハイドロテック」という名前から「ウルトラライト」にも防水機能があると勘違いしている方もいるようですね。

 

 

私のように「ウルトラライト」の軽さにハマっている方はリピーターが多いですね。

 

アマゾンでの評判

 

次にアマゾンで購入した方の商品レビューです。

 

▶︎良いレビュー

ハイドロテックアマゾンレビュー1

 

「ハイドロテック」の耐久性の良さについて言及されていますが、私も今までの同価格帯のビジネスシューズよりも格段に長持ちしています。

 

ハイドロテックアマゾンレビュー2

 

この方は7足ほど同じものをリピートされているヘビーユーザーで、2足を同時に運用してビジネスだけでなくカジュアルシーンにも利用されてますね。

 

某有名メーカーのビジネスシューズより「ハイドロテック」の方が良い評価ですね。

 

柔らかくそこそこの高級感も味わえコストパフォーマンスも高い「ウルトラライト」。
やはりクリームで手入れしながら使うのが良さそうですね。

 

私もこの方のように今回は2足購入したので、交互に履くつもりです。

 

▶︎悪いレビュー

 

やはり履き始めは革の質感の安っぽさが気になる人もいるようですが、レビュアーの言うようにクリームを塗ったりある程度は履きこむことで味を出すことは可能です。

 

この方は靴づれを経験しているようですが、見ている限りはほとんどの方は大丈夫なようです。

 

このように「ハイドロテック・ウルトラライト」のレビューは、正直悪いレビューを探すのが難しいほどです。みなさんコストパフォーマンスにかなり満足しているようです。



「ハイドロテック・ウルトラライト」を10ヶ月使用した感想

ハイドロテックバックショット

現在も履いている(今回買い替えました)「ウルトラライト」は10ヶ月間ほぼ毎日履いてきたので、感じたことをお伝えします。

 

今迄のビジネスシューズより長持ちした

下の写真をご覧ください。

 

昨年6月に購入して約10ヶ月間履きまくった「ハイドロテック・ウルトラライト」です。

ハイドロテック10ヶ月使用

 

さすがに表面の剥げの目立ちや、ソールの溝がなくなってきたため、全く同じ色のブラウンとブラックを再購入しました。

ハイドロテックソール

 

10ヶ月間の使用状況は次のような感じです。

  • 月曜日〜金曜日の週5日、月20日程度
  • 通勤時に毎日往復6.4km徒歩で使用
  • 雨の日は防水スプレーをたまに使用
  • クリームなどの手入れは全くなし

手入れ等をほぼ全くしていなかったにも関わらず、ここまで履けたのはかなりの耐久性と言っていいです。

 

クリームで手入れをしていればもっと長く使えたかもしれません。

 

軽量のため歩き方が改善された

「ハイドロテック」を購入するまでは、別のビジネスシューズをメーカーを決めることなく、思いつきで購入していました。

 

私は歩き方が悪いのかソールのかかと部分が極端に斜めにすり減り、だいたい4ヶ月程度でソールに穴が開くため買い替えを要していましたが、「ハイドロテック・ウルトラライト」にしてからはかかと部分がほぼ均等にすり減るようになりました。

ハイドロテックヒール

 

おそらく「ハイドロテック」シリーズは超軽量のため今までよりも歩行時の足上げがスムーズになりソールを擦りにくくなったためと思われます。

 

足にフィットして疲れにくい

「ハイドロテック・ウルトラライト」はとにかく軽くて柔らかいです。

 

そのため履いた時のフィット感が素晴らしいです。

ハイドロテック全体

 

シルエットも細めですが、窮屈感もなく足にフィットする感じです。

 

通常だと新品の靴を履いた時に親指の付け根やかかとが靴擦れすることが多い私ですが、「ハイドロテック・ウルトラライト」は新品の時から靴擦れは感じられませんでした。

 

「ハイドロテック ウルトラライトシリーズ」まとめ

ブーツイメージ

超軽量ビジネスシューズ「ハイドロテック・ウルトラライト」はこんな方にお勧めできます。

こんな人におすすめ!!
  • 軽くて疲れにくい靴がほしい方
  • かかとのすり減りが気になる方
  • ビジネスシューズを安く抑えたい方

ビジネスシューズの新感覚を、お試しあれ。

 

▶︎ハイドロテック・ウルトラライト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

ICHIの画像
ICHI
バンライフを夢見るアラフォーのサラリーマンブロガーです。ハイエースやガジェット・カメラ・アウトドア商品のレビューを中心に、生活のお役立ちTIPSやブログ運営、SEO対策のノウハウについて発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる