【失敗しないために】副業ブログを始める時に気をつけるべきこと9箇条

副業ブログを始める時の注意点ってなんだろう?

こんにちは、ichi(@ichi_14blog)です。

副業の種類は数々ありますが、持ち出し費用が最小限ですぐに始められるのがブログアフィリエイト。

なので副業としてブログ運営を選択する人がすごく増えていますが、前提知識なしでやみくもにブログを始めても必ず失敗します。

なぜなら副業としてのブログは、アメブロに代表される日記的なブログとは別ものだからです。

そこでこれから副業ブログを始める人のために、まず気をつけるべき注意点を九つ紹介します。

この記事を読むとわかること
  • ブログの始め方
  • ブログを始める際の注意点
  • ブログアフィリエイトの方法
目次

必ずワードプレスを使ってブログを始める

必ずワードプレスを使ってブログを始める

ワードプレス導入はマスト

ブログ初心者にありがちなのが、なんか難しそう、という理由から無料ブログサービスでブログを始めてしまうこと。

いわゆるアメーバブログやはてなブログなどがこれにあたります。

しかし、これは絶対におすすめしません。

無料のブログサービスは無料で付与されるドメインとサーバーを使用するので、すぐにでも記事を書き始めることができますが、それを補ってあまりあるデメリットがいくつも存在します。

無料ブログのデメリット
  • ブログサービスが終了するとデータ(ドメイン・サーバー・記事)が消滅
  • アフィリエイトに制限がある
  • デザインが固定(フォーマット)

なのでブログを副業として真剣に運営して稼ぎたいのであれば、無料ブログはNGです。

ちなみに無料ブログと有料ブログの違いは、『【完全初心者OK】無料ブログとWordPressブログの違いは?メリットデメリットも完全解説』で確認できます。

代わりにやるべきなのは、自分でサーバーとドメインを契約して運営するブログで、この場合ワードプレスというシステムをサーバーにインストールしてブログを開始することです。

システムというと難しくきこえるけど、初心者でも手順を追ってやればワードプレスのインストールは簡単です。

完全初心者の方でもワードプレスでブログを始められるように、下の記事で解説しています。

最初から有料テーマを使う

最初から有料テーマを使う

テーマの選定は大事

ワードプレスをインストールしたら、次にテーマというもの選ぶ作業にはいります。

テーマはブログのデザインフォーマットのようなものでテーマによってデザインやレイアウトが異なり、無料版と有料版が存在します。

ワードプレステーマの代表的なものには、以下があります。

無料テーマで圧倒的に優秀なのは「COCOON」でSEO対策的には有料テーマにも引けをとらないですが、デザイン性の部分は若干物足りなさを感じるので、デザインにこだわる場合はカスタムする必要があります。

対して有料テーマはデザイン性が高く、ブログ記事を構成するパーツ豊富なのでプロっぽいデザインを簡単に再現することが可能。

有料テーマの最大のネックは2万円前後する値段ですが、無料テーマでデザインに悩む時間を取られることを考えれば決して高い投資金額ではないです。

このサイトも初めは「COCOON」でしたが、今は 「 SWELL 」を使用しています。今思えば初めから有料テーマにしておけばよかったとつくづく思います。

有料テーマでも特におすすめなのは、このサイトでも使用している「SWELL」。

とにかくおしゃれなブログがささっと作れて、無料テーマではなかなか難しいサイト型のトップページも1時間位で作ることができるのが個人的にはめちゃめちゃ時短になりました。

有料テーマ「SWELL」でサイト型のトップページを作る方法は、『【ワードプレス有料テーマ】「SWELL」でトップページをサイト型にカスタマイズする方法〈1時間で出来ます〉』で確認できます。

\他テーマからの乗り換えサポートも充実!/

できるだけジャンルを絞る

できるだけジャンルを絞る

計画性のない雑記ブログは失敗する

いざブログを始めるとなると扱うジャンルが多い方がネタが切れにくく続けやすい、と思うかもしれませんがいきなりジャンルを広げるのは危険です。

というのもブログで扱うジャンルが多いと、必然的に各ジャンルの記事数は少なくなり専門性も下がります。

グーグルのSEOにおける評価基準として「E-A-T」という重要な考え方があります。

E-A-Tとは
  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

ジャンルの多い、つまり雑記ブログはサイトとしての専門性が高くなりにくく、反対にジャンルを絞った特化ブログは専門性が高くなりやすいです。

また専門性が高いと権威性や記事の信頼性が高くなるもの想像がつくでしょう。

専門性を高めることがブログ運営においては超重要ということ!

雑記ブログが全くダメといは言いませんが、グーグルに評価されにくく稼ぎにくいのは間違いないので、早く結果を出したければジャンルを絞った特化ブログにすることをおすすめします。

といってもどうやってジャンルを絞って良いかわからない・・・という人も多いでしょう。

確かに特化ブログで頑張って記事を書いても全く需要がない、という可能性はゼロではありません。

そういう方には「半特化ブログ」という手法でブログ開始当初を運営し、ゆくゆく特化ブログに進化させると失敗のリスクを抑えることができます。

ちなみにこのブログも半特化ブログ方式で運営しており、その方法は『特化ブログと雑記ブログの悩み解消!半特化ブログのススメ【ブログ初心者必見です】』で確認できます。

書くべき記事を事前に考える

書くべき記事を事前に考える

いきなり記事を書き出すのはNG

ワードプレスをインストールし終えると、嬉しくなってすぐに記事を書きたくなります。

私自身も全く同じでした。

「1日でも早く多くの記事をアップしたら、早く稼げるようになるかも。」

そう考えるのも無理はありませんが、ここでも忠告をしておくといきあたりばったりで記事を量産してもまず間違いなく稼ぐことはできません。

何故?と思われるかもしれませんが、思いつきで書いた記事はブログに訪れる人の検索意図を汲んでいないからです。

アフィリエイトブログで成功したければ読者ファーストの立場を話ずれないことが大事。

あなたのブログに訪れる人は、なんらかの不安や悩みや疑問を抱えていて、それを解決したいと思っています。

しかし訪れたサイトにある記事達に脈絡がない場合、再び訪れたいと思うでしょうか?

きっと思わないはずです。

反面、訪れたブログにそのジャンルの関連記事が充実していて他の疑問や不安が出た時にも役立ちそう、と感じると読者はリピーターになる可能性が高いです。

なのでブログでの滞在時間が増えたり、回遊性が高まることでグーグルの評価アップにつながり、それが検索での上位表示に繋がる形となります。

あなたのブログに訪れた人がどんな記事があると嬉しいかを考えよう。

キーワード選定をする

書くべき記事を考えるときは「記事の需要を知る」必要があります。

なぜなら需要のないキーワードでいくら記事を書いても読まれることはないからです。

前述した「訪れたブログにどんな記事があると嬉しいか」が重要ですが、需要がなければひとりよがりな記事になってしまうからね・・・。

なのでこの「どんな記事の需要があるのか」を分析すること、具体的には「キーワード選定」という作業がとても重要。

ここでは私が行っている方法のひとつを紹介します。

キーワード選定方法の具体例
  • 興味あるキーワードを「ラッコキーワード」に入力
  • 「キーワードプランナー」「Ubersuggest」で検索ボリュームを確認
  • 需要がありそうなキーワードで検索し、検索結果の上位表示サイトを確認
  • 個人ブログが上位に表示されるようであれば、その記事コンテンツをチェック
  • チェックした記事を超える良質な記事を書く

ざっくりというとこんな感じですが、キーワード選定には正解がなくとても奥が深いです。

まずは色々なキーワード選定方法を調べてみて自分に合う方法を試してみることから始めてください。

「ラッコキーワード」や「キーワードプランナー」「Ubersuggest」がそもそも分からない方は、ググれば機能紹介記事を見つけることができます。

サイト構成を計画する

サイト構成を計画する

サイト構造はトピッククラスター型にする

ブログのジャンルと書くべき記事の選定が終わったら、記事をカテゴライズします。

この時に、同じカテゴリーになる記事をクラスターコンテンツ(個別記事)とし、それらをまとめるピラーページ(まとめ記事)を設定します。

具体的なイメージは次のようになります。

トピッククラスターモデル図
トピッククラスターモデルのイメージ

このピラーページ(まとめページ)とクラスターコンテンツ(個別記事)を相互に内部リンクで繋げることで、単純な個別記事単位ではなく、「まとめページと詳細を説明する個別記事群」というまとまりでSEO評価を上げることが可能です。

トピッククラスターモデルにすることで網羅的に情報を提供するサイト構造にでき、読者満足度を高めやすいと言えます。

網羅性の高いサイトはすなわち専門性の高いサイトとなるので、グーグルの推奨する「E-T-A」の観点からもおすすめです。

ちなみにピラーページは検索ボリュームが大事なので、キーワード選定で検索ボリュームを確認しましょう。クラスターコンテンツはボリュームよりも「その記事が読者目線で必要かどうか」で書くべきか判断すると良いです。

商標記事・集客記事・収益記事を書き分ける

トピッククラスター構造を元に記事を書いていきますが、ここで既に選定している記事のうち、どれから書いていくのかを考える必要があります。

基本的に書くべき記事の優先度は次のとおりです。

書くべき記事の優先順位
  1. 商標記事(商品レビュー記事)
  2. 収益記事(ランキングやまとめ、比較記事)
  3. 集客記事(読者の不安や悩みを解決する記事)

当たり前ですが、副業ブログの目的は「ブログで稼ぐ」こと。

なので、商品やサービスの購入行動、つまりコンバージョンしやすい記事を優先的に書いていくのが近道となります。

商標記事
読者自ら商品の固有名詞を検索しているので購入意欲が高い

収益記事
商品を探している段階なので購入意欲が湧きつつある段階

集客記事
問題を解決する方法を模索している段階なので購入意欲は低い

トピッククラスターに当てはめた場合、各トピックの構造は例えば次のようなパターンが考えれらます。

スクロールできます
ピラーページ(まとめ記事)クラスターページ(個別記事)
例)初心者におすすめのアウトドアギア10選(集客・収益)個別ギアのレビュー記事(商標)
例)初心者キャンパーがしっておくべき事7つ(集客)キャンプ 初心者 ●●【悩みキーワード】(集客)

ピラーページにあたる「まとめ記事」は、集客記事にも収益記事にもなり得ますが、まとめ記事は多くのアフィリエイターが狙うキーワードになりやすいので上位表示が難しいです。

なのでまとめページを補則する「個別記事」を網羅的に配置することで、全体を底上げしていくイメージです。

とにかく記事単体で勝負しようとしてはダメ。SEOは団体戦です。

トピックごとにクラスター型で商標記事・集客記事・収益記事を体系化しましょう。

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる